基本料金

お庭の剪定作業、草刈り、草取りなどトータルメンテナンスの基本料金

1日作業 職人一人が一日作業させて頂いてゴミ処分代込みで¥27000円(税込)
半日作業 職人一人が半日作業させて頂いてゴミ処分代込みで¥17000円(税込)
消毒作業 椿、山茶花、シャラ、など茶毒蛾や毛虫が付く樹木を中心に薬剤散布お庭の広さによって金額が上下します
¥5000円〜¥10000円(税込)

何年か放置して植木がかなり伸びている場合はゴミ処分費が多くなる為に少し割高になる場合もあります。

年間管理作業について

当社でも年間管理でのお庭の管理を承っております。年間管理の内容としてはそのお客様次第なのでなんとも言えないところですが例を挙げると
①植木の手入れ年2回で5万
②草刈り年2回4万
③消毒作業年2回2万
年間管理合計金額としては①+②+③=11万円
年間管理特別割引1万円 11万−1万=10万円
これは例ですので実際の金額とは違いますがこんな形になります。

特別割引に関しては、年間管理で任せて頂けると年間管理スケジュールで作業の都合がつけやすくなるメリットがありますので気持ち割引したりする事が多いです。

年間管理作業で契約すると、お客様側の方は「年間で契約してるんだから常に綺麗にしといてもらえる」と勘違いされる場合が多いですが基本は契約した作業のみになります。

業者目線で言わせて頂くと年間管理作業で頼んで頂いた方がメリットは多いんですが、お客様側からしたらあまりメリットを感じないとは思います。年間管理契約してると途中で解約もしにくくもなります。

当社では「お客様が庭を見て気になった時がお庭に手を入れる事がベスト」だと思っております。

以上の事から当社から年間管理作業を勧めることは無いのですが、お客様側の方から6月と12月に必ず作業に入って欲しいから年間管理で予約をしたいという場合などでは当社でも年間管理作業として引き受ける場合もあります。

当社としては年間管理作業をお勧めはしていません。
お客様がお庭を見て気になった時にお電話を頂いてその都度希望の作業を行う方が業者とお客様とのトラブルを最小限に出来ると考えています。

その他の料金設定について

その他の作業につきましては細かな料金設定はしておりません。お見積もりに伺ってお客様とお話をさせて頂いて決めさせて頂いております。

何故その他の作業について料金設定をしていないかと言うと例えば同じ樹木の同じ幹回りで高さが一緒の場合の伐採でも、その樹木が植わってる場所や伐採する樹木の下に障害物がないか?伐採した後の枝ゴミを処分するのにトラックが停められる位置から遠いかどうか?など様々な要因が絡み料金は決まります。

その為、それぞれのお客様、お庭によって同じ料金に出来ない場合が多いのでそれならば細かな料金設定にはしないでご依頼頂いてからお宅に訪問し、お客様に納得頂けるように説明させて頂き、お見積金額を掲示させて頂きたいと思っております。

ご希望であればその場で簡単なお見積書を作成致します。相見積もりなどで相場を知りたい場合でも作成致します。ご参考になればと思います。

植木屋 良くあるご質問 Q&A

①植木屋さんの相場っていくらぐらいなの?

神奈川県横浜市の植木屋さんの相場は職人一人に1日作業で2万円〜3万円の間ぐらいです(剪定ゴミ処分費込み)
しかし、作業条件でかなり金額的に差が出る事もあります。
例えば、毎年お庭のお手入れをされているお宅では剪定ゴミもそんなには出ないのでゴミ処分費の金額はそれ程高くはないのですが、数年放置していた場合は庭木もかなり伸びていますのでその分ゴミ処分費は高くなります。
したがって【植木屋さんの相場】というのはあってないようなものです。
お見積もりをして金額を提示させて頂き、そして作業が終わった後の作業の出来栄えに対してその支払い金額がお客様にとって高いか?安いか?になると思います。
当社で【作業の出来栄えと料金のバランス】を大切にしているのでご満足して頂けると思います。


②一本いくら?で見積もりする業者と一日いくら?で見積もりする業者、どちらが安いの?

玄関付近だけ、大きくなってるこの木だけなどの場合は一本いくら?で見積もりしてる業者の方が比較的安い場合が多いです。
しかしながら、一ヶ所だけ綺麗にすると剪定してないヶ所がとても目立ちます。
【庭は全体的なバランスが重要になってきます】
結局、全部やる事になると倍近く高くなるケースもあります。

当社につきましても一本や二本、本数が少ない場合はやや割高になる場合もあります。
なるべく当社の方針としては半日作業や一日作業で時間で区切りせて頂きその時間内の中で効率よく綺麗に見える方法などをお見積もり時にご説明させて頂いています。

お客様に植木屋さんに見積もりに来てもらったときに料金の事で一番注意して頂きたい事は
【総額でいくらになるか?】ハッキリしてるところを選んで頂くと後で「こんなに高くなるなんて思わなかった!」などの失敗を防げます。
一日作業、職人1人につき18000円ゴミ代別って見積もりする業者の場合だと後からゴミ代でいくら請求されるのか?分からないってところが不安要素で結局、一日分の請求額18000円にゴミ代10000円消費税別で30000円近い請求額になります。
以上の事を踏まえ、植木屋さんに相見積もりなどする場合はご参考にして頂くと失敗しない植木屋さん選びが出来るかな?と思います。

③近くの植木さんを選ぶメリットってある?

必ずしも御自宅から近い植木屋さんで腕が良い業者があるとは言い切れないのでなんとも言えないところですがメリットはあると思います。

近くの植木屋さんを選ぶメリットとしては
➀【ご近所でいい加減な仕事は出来ないので比較的丁寧に作業してもらえる可能性が高い】

➁遠いところから作業に伺うと、少し早めの時間に作業を切り上げる場合が多い。
理由としては【翌日の仕事の準備、作業で出た剪定ゴミの処分】をする為に早めに帰社しないと間に合わないからです。

➂業者も遠くに作業しに行くより近場の方が見積もりにしても、作業にしても効率的なので少し値引きしてくれる可能性も高いです。

他にもあるとは思いますが近場の植木屋さんを選ぶメリットとしてはこんな感じだと思います。

④植木屋さんの選び方のポイント

まず、申し上げておきたいのが料金だけで判断すると失敗することが多いです。それなりにきちんとした仕事を希望されるのであれば料金もそれなりに掛かります。

植木屋さんに仕事をお願いするときに毎年決まって仕事を頼む植木屋さんがない場合は何社が相見積もりをし、その中で料金やその人柄で業者を決める方が多いと思います。

しかし、その業者がちゃんとした仕事をしてくれるか?不安な場合も多いと思います。

これはあくまで僕個人の見解ですがそういう場合【見積もりに来てるトラックを見ます】

トラックを綺麗にしてる方はマメな人が多いです。植木屋で大切なのは庭木を美しく切る(剪定)
も大切ですがその後の掃除が大切です。掃除が綺麗に出来なければお庭は美しく見えません。
トラックを綺麗にしているって事は仕事に対してもマメである場合が多いので一つの目安になると思います。

⑤シルバー人材センターってどうなの?

これは正直、プロの仕事と比べると質が劣るのは確かです。
シルバー人材センターで働く方の多くは普通のサラリーマンで第二の人生で職業訓練センターなどで勉強し、シルバー人材センターに登録して働いてる方が多いので若い頃から植木屋一本で勝負してる人と比べると仕事量も質も劣ります。

よく、料金的に安いと聞きますが剪定ゴミの処分まで頼むと結局プロに仕事を頼む料金とそんなに変わりせん。

中には若い頃から植木屋で勤めてる植木屋で定年を迎え、もう少し働きたくてシルバー人材センターで働いてるという方もいらっしゃるので中には良い仕事をする方もいるのも事実です。

庭木は一度とんでもない剪定の仕方「枝を切る事」をされると特に針葉樹(松や杉、糸ヒバなど)
はどうにもならない事が多々あります。

「毎年、伸びた分を短く切ってくれれば問題ない」という考えでシルバー人材センターの方に仕事を頼んでいるのであれば問題ないのですが、「いつも頼んでいる植木屋さんは腕が良いけど料金的に高いからシルバー人材センターに頼んでみようからしらか?」って方は後悔する事になる場合が多いです。

【植木は切る事は出来ても、切った後に切りすぎたからといって枝をくっつける事は出来ません】

ご自宅のお庭をある程度綺麗に見えるように管理したいのであれば餅は餅屋、植木屋さんに仕事を頼むことをお勧めします。

⑥生垣や刈込み物など機械刈りと鋏で刈る違は何か?

お見積りの時に「機械ではなく鋏で刈り込んで欲しい」とお願いされる事がありますが、大きな違いは「刈り込んだ時の葉の切れ方」に違いがあります。

金木犀やカシなど生垣なので利用できる芽吹きが良い樹木の中で「葉が大きい物」は機械で刈ると刈り込んだ葉の部分がギザギザになります。これは、作業直後は目立たないのですが、作業後の数日間後に刈り込み後の切り口が茶色になります。その茶色になったときに切り口がギザギザになっていると目立つという事になります。
刈込み鋏で刈った場合は、長い鋏でスパッと切るので切り口がギザギザになりにくいので、切り口が茶色になったとしても「切り口が目立ちにくい」という違いです。

また、サツキツツジや、チャボヒバなど「葉が小さい樹種」については、「葉がそもそも小さいので機械刈りでも鋏刈りでも切り口がギザギザになりにくい」ので作業後の良し悪しに関してはほぼ変わらないです。

ただ、大切なのは機械で刈り込んでも鋏で刈り込んでも「刃がちゃんと手入れされて切れ味が良い」という事が前提になります。

また、機械狩りの場合は刈込み鋏で刈り込むより倍ぐらい作業効率が違います。作業時間を短縮する事によってその分を料金から値引きをしたりするのでお客様にメリットがないわけではありません。

以上のメリット、デメリットを理解されてから植木屋さんに希望を伝えて作業をお願いすればお互いに気持ちの良い取り引きが出来ると思います。

⑦希望したら見積書を提出してくれるか?

この業界は口約束で料金を決めて作業をしてから料金を支払いして頂く場合が多いです。
しかしながら、そのやり方だと「言った言わない」の問題が正直なところ多いのが実情です。
当社でもそのやり方で作業させて頂く場合もあるのですがご希望であれば手書きの見積書を見積もり時にその場で作成致します。

見積書の作成、提出は相見積もり時に他の業者さんのたたき台とされる場合があり作成を嫌う業者もいます。

お客様に見積書の作成を頼まれ断る業者は論外ですが業者も見積もりには労力を割くのも事実です。
見積もりを頼むお客様にも最低限のマナーは守って頂きたいと思います。


当社の主な出張地域

横浜市緑区、横浜市青葉区、東京都町田市成瀬、川崎市宮前区など。
ご希望であればその他地域にも伺わせて頂きます。

powered by crayon(クレヨン)